イメージ画像

2017/11/12 汐月陽子:「上方で考える葬儀と墓~近現代を中心に」レビュー

應典院寺町倶楽部との協働により、モニターレビュアー制度を試験的に導入しています。11月12日(日)に、浄土宗應典院特別協力のもと開催したシンポジウム「上方で考える葬儀と墓~近現代を中心に」では、日本を代表する研究者・実践家が一同に会し、関西の葬送の「いま」と「むかし」について語り合いました。多くの方の注目を集めた本企画について、應典院寺町倶楽部会員の汐月陽子さんからレビューをご寄稿いただきました。


シンポジウム「上方で考える葬儀と墓~近現代を中心に」に参加した。研究者のかたが多いのだろうか、場違いではないかしら?と少しどきどきしながら、13時30分の開演時間ギリギリに本堂の扉を開くと、120名キャパの会場は超満員。人の間をすり抜けるように誘導していただき、上手側のパイプ椅子に座った。

シンポジウムが始まってすぐに、山田慎也准教授(国立歴史民俗博物館)による趣旨説明がなされた。少子高齢化、家族構造の変化などにより、葬儀や墓のありかたは大きく変わってきている。葬送儀礼や墓制は地域差も大きいが、近現代に関しては、東京の研究が多く、歴史的な蓄積の上に立ったいわゆる上方(大阪・京都)についての近代以降の研究は豊富とは言いがたい。サービス業としての葬祭業の勃興など、今日の葬儀のありかたを先取りするような試みを多数生んできた上方の葬送墓制を、近現代を中心に見つめ直すことで、葬送墓制研究と変わりゆく現代社会への示唆を汲み取ろうということである。

発表は、前近代、近代、現代と時系列で展開された。12名の登壇者が入れ替わり立ち替わり報告やコメントをおこなう。目まぐるしさもあるが、葬儀と墓というテーマでこれだけ多様な切り口があり、話せる内容があるのかと圧倒される。なかでも槇村久子教授(関西大学)による報告は、近代の墓制について時代を追いかけながらの網羅的な内容で、聞き応えがあった。農学博士として、環境学や造園学にも造詣の深い槇村教授ならではの報告は、時代ごとの、まちの中にあるお墓の姿をはっきりとイメージさせてくれた。槇村教授はまた、時代ごとの社会関係、人々の結びつきのありかたが、墓制の変遷の背景にあることをビビッドに浮き彫りにしていく。終盤には、伊丹十三の映画『お葬式』で、葬儀が「田舎の人間関係」と結び付けて描かれ、都市部で動員を博したエピソードや、葬儀の社会的意味づけの希薄化の話がなされた。これは應典院が20世紀末に、仏事のときにだけ関わるお寺ではなく、地域に開かれた、本来の寺院性をもつお寺として再建されたこととも呼応するだろう。大きな歴史の流れのなかで、墓制や葬儀とどう向き合うのか、否応なく自分ごととして考えさせられる機会ともなった。

観光家の陸奥賢氏の「大阪七墓巡り復活プロジェクト」に関する報告や、瓜生大輔助教(東京大学)のデジタル遺品に関するコメントなどは、変化球のようでありながら、老・病・死のイメージが希薄になった現代でわたしたちがどのように死や墓制を捉えるか、という根本的な課題に応えるものであったと感じた。休憩を挟んで、應典院の秋田住職のコメント。本寺である大蓮寺の生前個人墓の取り組みについて触れられる。「死後のことを組み込んだライフサポート」「看取り以降のことも含めた地域サポートシステム」という秋田住職の言葉に、社会関係が大きく変化する時代に、寺院の役割をラディカルに追求してゆく應典院の姿勢をあらためて感じた。

終盤の総括では、森謙二教授(茨城キリスト教大学)からも、国際的な事例紹介とともに「墓地や墓制には社会構造が反映される」という発言があった。会場では思いのほか宗教者でも研究者でもない「一般参加者」らしいかたがたの多さに驚いたのだが、なるほどそういうことか、と思った。墓地や墓制そのものへの関心は専門的で敷居の高い関心のように思えるが、そこにうつる社会やわたしたちの生活、価値観を知るために、お墓や葬儀について考えるということはあり得るだろう。

3時間半に凝縮されていたのが奇跡に思えるような盛りだくさんの内容だったが、実は、facebookの事前告知で、各登壇者の専門性がよりしっかりと分かるような丁寧な紹介がなされている。https://www.facebook.com/events/136846966934224/?ti=icl 
個人的に、このシンポジウムで初めて知って著書を読んでみたいと思ったかたも何人かいた。こうして、葬儀と墓制の奥深い世界に、わたしもまんまと足を踏み入れてしまったのかもしれない。

 

〇レビュアープロフィール
汐月陽子(しおつきようこ)

1984年東京都生まれ。立教大学法学部卒。学生時代から大阪の貧困地域のフィールドワークなどに関わり、現在は北区在住。出版系デザイン会社の企画営業、地域系アートプロジェクトのディレクター見習い、LUSH JAPAN Co.,Ltd. チャリティ・キャンペーン担当などを経て、【当事者性を持った個人の表現の現場を支えること、その表現を広く社会に接続すること】に関心を持ち活動を展開しています。應典院寺町倶楽部会員。コモンズフェスタ2018「(circle)」ディレクター、「Little Voice, Little Pressー潜り、顕すー」企画・編集。