イメージ画像

2017/9/9 岸井大輔の基礎戯曲講座 第5回「エレクトラ~ギリシアは命を問う」

劇作家・岸井大輔が考えた、独断と偏見による、これだけは読んでおきたい戯曲を1本ずつ読んでいく基礎戯曲講座。毎回、事前に課題となる戯曲を読んできていただきます。講義があり、それからみんなで話します。

◆開催日 9月9日(土) 14:00~17:00
◆参加費 アーティスト(自己申告制)1回1000円 10回通し5000円
アーティスト以外1回2000円 10回通し10000
別途:500円(お茶とお菓子代)
◆会場 應典院研修室B

◆問合せ 06-6771-7641(應典院寺町倶楽部事務局)

◆詳細・申込み https://www.facebook.com/events/874241222723301/?ref=ts&fref=ts

戯曲講座の第5回です。参加条件は、以下の3つの戯曲のうちのどれかを読んでくることです。(どれかひとつでいいです)
アイスキュロス「供養する女たち」
ソポクレス「エレクトラ」
エウリピデス「エレクトラ」

演劇にもっとも大きな影響を与え続けた古典はギリシャ劇でしょう。ことにエレクトラとその一家の物語はさまざまな時代に解釈を変え上演されてきました。劇を成立させる、共有された物語と習俗の典型とされてきたということです。こんな変な設定の家族がなぜ?という問いをたてたとき、あなたは客になっている。劇場を外から眺めるために、トラジェディーという呪いの構造を一緒に考えてみましょう。

面白さならオイディプス王ですし、命がけならアンティゴネーでしょうけれど、第1回ー4回で一緒に戯曲を読んできた皆様にはこの2作は講座をしなくてもじゅうぶん楽しめると判断しました。基礎戯曲講座の前半、基礎の基礎のまとめの回として、大雑把な西洋演劇史の話もします!

 

岸井大輔プロフィール

劇作家
1995年より、他ジャンルで追求された創作方法による形式化が演劇でも可能かを問う作品を制作している。代表作『P』『potalive』『文』『東京の条件』