イメージ画像

2017/9/26 「慰霊の空間」読書会

〈應典院寺町倶楽部協力事業〉

株式会社ゲンロン発行『ゲンロン2 慰霊の空間』より、第1特集「慰霊の空間」該当箇所、および巻頭言(p.26〜p.121)を扱います。

大阪は中崎町で「観光読書会」を主宰する汐月陽子と、現役僧侶の秋田光軌(應典院主幹)がコーディネーターをつとめます。
現代における慰霊のありかたを、311以降課題とされてきたパブリックな慰霊(戦争や災害)から、身近な人を悼むことも含め、『ゲンロン2』をきっかけにしてみなさまと語り合えたらと思います。

■日時
2017年9月26日(火)19:00~21:00

■場所
應典院 気づきの広場

■参加要件
・年齢、所属、属性等は一切不問です。
・事前に『ゲンロン2 慰霊の空間』を購入し、当日もご持参ください。
・基本的に該当箇所、および巻頭言(p.26〜p.121)の読了を前提としたご参加をお願いしております。難しい場合は、事前にコーディネーターの汐月にご連絡ください(連絡先は下記)。

■参加費
お一人1,000円です。事前にA4サイズのレジュメ1枚を人数分用意し、論点をまとめてプレゼンテーションした場合は無料とします。

■定員
15名

■申込み
soleilunepleine@gmail.com(汐月陽子)

人物(五十音順)

秋田光軌
(浄土宗應典院主幹・應典院寺町倶楽部事務局長、浄土宗大蓮寺副住職)
汐月陽子