イメージ画像

2017/10/1 横田丈実監督「遺影、夏空に近く」上映とトーク

〈浄土宗應典院共催事業〉

季節は夏。舞台となるのは奈良県「いかるがの里」。世界文化遺産 法隆寺のある町です。
「遺影写真」を巡る、この一風変わったドキュメンタリーを作ったのは いかるがの里に暮らすお坊さん、横田丈実監督。
監督が案内役となり、撮影・録音スタッフと共に七つの家族と個性豊かな遺影写真を訪ね歩きます。
訪問先のご家族が語られるのは、切なくて、ときに微笑ましい遺影写真にまつわる物語。
大切な人と暮らす方、大切な人を失われた方、すべての方に観てほしい「家族の想い」が詰まった作品です。

日時 2017年10月1日(日)上映 14:00 トークショー 15:00
参加費 1,000円
定員 50名(要予約)
会場 應典院本堂ホール(〒543-0076 大阪市天王寺区下寺町1-1-27)TEL 06-6771-7641 FAX 06-6770-3147

上映後、秋田光軌(浄土宗應典院主幹)と横田丈実(映画監督)によるトークショーが行われます。
お申し込み・お問い合わせは應典院事務局までお電話かFAXにてお願いいたします。

人物(五十音順)

秋田光軌
(浄土宗應典院主幹・應典院寺町倶楽部事務局長、浄土宗大蓮寺副住職)
横田丈実
(大和川慕情・映画監督)