ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  >  コラム  >  9/15 いのちと出会う会 第152回「私にとっての奇跡」 を開催いたしました。

コラム

9/15 いのちと出会う会 第152回「私にとっての奇跡」 を開催いたしました。

去る9月15日、映画「味園ユニバース」で話題になった大阪千日前にある老舗宴会場の「味園」。その元支配人である飯田明美さんをゲストに迎えて、いのちと出会う会の第152回「私にとっての奇跡」を應典院研修室Bで行いました。

 

小さい頃はおとなしく、どちらかといえば対人恐怖症であったと言われる飯田さん。今ではそのような言葉は俄かには信じがたく、強いエネルギーに溢れた飯田さんのお話は、一貫して「ひととの出会いによって、今の私がいる」という力強いものでした。

それまでは家庭環境や営業面での苦労の連続と対人恐怖症で悩む日々もあったという飯田さんの人生。加えて、母親の認知症の介護に養子の子どもたちの面倒と、次から次へと苦労の連続。しかし、お母さんから受け継いだ「他者とコミュニケーションを取らずには、人は生きていけない」という教えと、仕事場の経験から「勇気をもって自ら飛び込む」ことを実感され、自分の人生は「小さな奇跡の連続」で形づくられていると語る飯田さんのお話に、参加者の多くのみなさんも、深く頷きながら聞いていらっしゃいました。
 



 

特に味園の宴会場の支配人になられてからは、「何かが足りない」と感じて、自らがお掃除をしている背中を従業員に見せることで、働く人たちの意識が変わっていく様子や、伝統のある場である味園の「型を破って」自由にできる機会を与えてもらった社長など、人に恵まれた様子を語ってくださいました。しかし、それは飯田さんが自分をみつめることが出来なかった過去を振り返り、「人とのつながり」の恵みに気が付いたときに、「思いは叶った」とおっしゃったことから、他者と自分と、そして出来事が、同じポイントで出会う時にこそ、「気づき」が得られる<時>があるのだと感じました。

最後に、いろいろなきっかけを与えてもらったご両親のことを悼みながらも、「亡くなった後も、二人に支えられている」とまっすぐに仰った言葉が大変印象的な、お彼岸前のいのちと出会う会でした。
 

 

應典院からのお知らせ

  • 2017年3月25日
    3月26日(日)10:00より開催予定「人と伝書鳩展~親子で一緒に鳩を飛ばしに行こう~」少し天候が心配されますが、予定通り開催致します。應典院の一階ロビーに集合ください。
  • 2017年2月15日
    3月10日(金)18:00より、お寺MEETING vol.8「〈宿坊〉は寺院を救うか~お寺と観光ビジネス」を開催します。プロジェクトの仕掛人と下寺町のお坊さんが熱く意見を交わす、グローカルセッションです。詳細・お申し込みはこちら
  • 2016年12月7日
    アートと社会活動のための総合芸術文化祭、コモンズフェスタ。今年度は「〈いのち〉のエチュード――生と死をめぐる15の舞台で」と題して、12月24日(土)~1月29日(日)まで應典院にて開催いたします。トーク、演劇、映画上映会、ワークショップなど、全15プログラムの詳細・お申し込みはこちら

  • 2016年11月1日
    12月22日(木)18時より、毎年末恒例の應典院オリジナル音楽法要「自分感謝祭」を開催します。終了後は年忘れ交流会もあり。詳細・お申し込みはこちらから。
  • 2016年10月28日

    KMA2015レビュー集公開いたしました。2015年8月29、30日に開催いたしました、子どもと大人が一緒に楽しむ創造の場「キッズ・ミート・アート2015」の記録集です。ぜひご覧ください。

交通案内 お問合せ よくあるご質問 ダウンロード メールマガジン

ページの終端です。ページの先頭に戻る

リンクサイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ

ログイン


Copyright. outenin.com All Rights Reserved.