ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  >  コラム  >  1/27 コモンズフェスタ2017「The Way We Talk(私たちの話し方)~映画上映会とトーク~」を開催いたしました。

コラム

1/27 コモンズフェスタ2017「The Way We Talk(私たちの話し方)~映画上映会とトーク~」を開催いたしました。

1月27日(金)、本堂ホールにて「The Way We Talk(私たちの話し方)~映画上映会とトーク~」が行われました。應典院にて毎週金曜日夜に「大阪吃音教室」を開催されているNPO法人大阪スタタリングプロジェクトの皆さんが協力して制作された映画で、今回のコモンズフェスタの企画委員として協力頂きました。

映画は、吃音に悩むアメリカの青年マイケル=ターナーさんが主演兼監督を務め、自分の抱える吃音とは何かを考え、吃音とどう折り合いをつけるかを模索する過程を描いたものでした。自分が吃音を抱えていることを知り、〈周りの人〉との関係性に悩むなかで、その悩みを変えてくれたのもまた〈周りの人〉でした。吃音を隠すのではなく受け入れ、吃音とうまく付き合っていくように気持ちを切り替えたことで、周囲の目を気にすることが減り、自然体で過ごすことができるようになっていく様子が丁寧に描かれておりました。吃音だけに関わらず、人間が生きていくうえで必ず衝突する、自分の心の中の「見えない壁」との付き合いについて考える契機となる映画でした。

映画を見た後は、一ノ瀬かおるさん(NPOそーね)をゲストにお迎えし、NPO法人大阪スタタリングプロジェクトの皆さんと、映画を見た感想も含め、吃音について考えを深めるトークを行いました。お話のなかで、一ノ瀬さんから、北海道べてるの家で生まれた「当事者研究」の手法を参考に、「問題の捉え方によって考え方が変わること」が提示されました。たとえば、目の前に大きな象がいるにも関わらず、「目の前に大きな象なんているわけがない」と思い込み、そう振る舞って生きることを選ぶのか。もしくは、「目の前に象がいますね」と声に出して大きな象に目を向けて生きるのか。「問題を隠して生きるかどうか」が、吃音に限らず、その他の障壁となるものと上手く付き合っていくうえで、大切な考え方になるのではないか、ということでした。物事の捉え方ひとつで、すべてが反転していくことを改めて認識する場となりました。

また、この日の映画上映会とトークの場は、同じ悩みや苦悩を共有し、ともに考えを深めることで、安心できる空間が生まれ、話しやすく暖かい空気感が形成されていました。テーマは吃音でしたが、吃音について知ることで、それ以外の自己を取り巻く生きづらさについても、全く同じ型や過程を辿るものだと感じました。
 

應典院からのお知らせ

  • 2017年3月25日
    3月26日(日)10:00より開催予定「人と伝書鳩展~親子で一緒に鳩を飛ばしに行こう~」少し天候が心配されますが、予定通り開催致します。應典院の一階ロビーに集合ください。
  • 2017年2月15日
    3月10日(金)18:00より、お寺MEETING vol.8「〈宿坊〉は寺院を救うか~お寺と観光ビジネス」を開催します。プロジェクトの仕掛人と下寺町のお坊さんが熱く意見を交わす、グローカルセッションです。詳細・お申し込みはこちら
  • 2016年12月7日
    アートと社会活動のための総合芸術文化祭、コモンズフェスタ。今年度は「〈いのち〉のエチュード――生と死をめぐる15の舞台で」と題して、12月24日(土)~1月29日(日)まで應典院にて開催いたします。トーク、演劇、映画上映会、ワークショップなど、全15プログラムの詳細・お申し込みはこちら

  • 2016年11月1日
    12月22日(木)18時より、毎年末恒例の應典院オリジナル音楽法要「自分感謝祭」を開催します。終了後は年忘れ交流会もあり。詳細・お申し込みはこちらから。
  • 2016年10月28日

    KMA2015レビュー集公開いたしました。2015年8月29、30日に開催いたしました、子どもと大人が一緒に楽しむ創造の場「キッズ・ミート・アート2015」の記録集です。ぜひご覧ください。

交通案内 お問合せ よくあるご質問 ダウンロード メールマガジン

ページの終端です。ページの先頭に戻る

リンクサイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ

ログイン


Copyright. outenin.com All Rights Reserved.