ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  >  お寺の應典院  >  代表・秋田光彦の横顔

代表・秋田光彦の横顔

代表・秋田光彦の横顔

浄土宗大蓮寺住職、應典院代表。1955年大阪市生まれ。明治大学文学部演劇学科卒業後、東京の情報誌「ぴあ」に入社し、主に映画祭の企画・宣伝を担当。退社後、映画制作会社を設立、プロデューサー兼脚本家として「狂い咲きサンダーロード」「アイコ16歳」などを発表、1997年に劇場型寺院應典院を再建。以後10数年間にわたって、市民、コミュニティ、地域資源のあり方を具体的に提案し、実践しし、市民活動や若者の芸術活動を支援してきた。また、人生の末期を支援するエンディングサポートをNPOと協働して取り組むなど、劇場寺院應典院を拠点として、仏教、アート、まちづくり、コミュニティケアなど、「協働」と「対話」の新しい地域教育にかかわる。2009年度からパドマ幼稚園園長に就任。相愛大学人文学部客員教授として「人間共生」を指導する他、上町台地からまちを考える会代表理事、総合幼児教育研究会代表理事、上町台地マイルドHOPEゾーン協議会理事、アートミーツケア学会理事、NPO法人コミュニティシネマ大阪理事など活動範囲は幅広い。「地域を活かす つながりのデザイン」(創元社)「日本人と死の準備」(角川SSC選書)「CAFE:創造都市・大阪への序曲」(法律文化社)「生命と自己」(慶應義塾大学出版会)などを分担執筆、著書に「葬式をしない寺-大阪・應典院の挑戦」(新潮新書)。近著に釈徹宗氏との共著で「仏教シネマ〜お坊さんが読み説く映画の中の生老病死」(サンガ)。

秋田光彦(mitsuhikoakita)on Twitter

    應典院からのお知らせ

    • 2017年2月15日
      3月10日(金)18:00より、お寺MEETING vol.8「〈宿坊〉は寺院を救うか~お寺と観光ビジネス」を開催します。プロジェクトの仕掛人と下寺町のお坊さんが熱く意見を交わす、グローカルセッションです。詳細・お申し込みはこちら
    • 2016年12月7日
      アートと社会活動のための総合芸術文化祭、コモンズフェスタ。今年度は「〈いのち〉のエチュード――生と死をめぐる15の舞台で」と題して、12月24日(土)~1月29日(日)まで應典院にて開催いたします。トーク、演劇、映画上映会、ワークショップなど、全15プログラムの詳細・お申し込みはこちら

    • 2016年11月1日
      12月22日(木)18時より、毎年末恒例の應典院オリジナル音楽法要「自分感謝祭」を開催します。終了後は年忘れ交流会もあり。詳細・お申し込みはこちらから。
    • 2016年10月28日

      KMA2015レビュー集公開いたしました。2015年8月29、30日に開催いたしました、子どもと大人が一緒に楽しむ創造の場「キッズ・ミート・アート2015」の記録集です。ぜひご覧ください。

    • 2016年8月29日
      9月24日(土)14時~、「もうひとつの終のすみか~ホームホスピスから家族・地域を考える」と題して開催するエンディングセミナー2016。事務局にて申込みを受け付けておりましたが、オンラインお申し込みフォームを新たに作成いたしました。多くの方のご参加をお待ちしております。
    交通案内 お問合せ よくあるご質問 ダウンロード メールマガジン

    ページの終端です。ページの先頭に戻る

    リンクサイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ

    ログイン


    Copyright. outenin.com All Rights Reserved.