小林瑠音

前應典院アートディレクター・京都造形大学非常勤

2015年度まで應典院アートディレクターを務め、現代美術の展覧会や子どもとアートをつなぐ企画の運営等を行う。現在は神戸大学大学院博士後期課程在籍。専門は英国文化政策、コミュニティ・アート史。いわゆる「アート」の存在が前提とされていない環境において、アートとコミュニティが遭遇していく、そのプロセスと社会的インパクトに関心をもつ。

この人物が関係する記事