イメージ画像

2018/1/7 汐月陽子:「應典院を俯瞰する~レビュアーから見た應典院寺町倶楽部~」レビュー

應典院寺町倶楽部との協働により、モニターレビュアー制度を導入しています。1月7日(日)に應典院本堂にておこなわれた、「應典院を俯瞰する~レビュアーから見た應典院寺町倶楽部~」。2017年7月より導入された應典院寺町倶楽部モニターレビュアーの皆さまにお集まりいただきました。今回は應典院寺町倶楽部会員の汐月陽子さんにレビューを執筆していただきました。


 

「應典院を俯瞰する~レビュアーから見た應典院寺町倶楽部~」という企画でお話をさせていただいた。数ヶ月前に「こういうことをやろうと思うので、汐月さんも参加してもらえませんか」とオファーをいただいたときの率直な感想として、「他のレビュアーさんに会って話せるのは嬉しいけど……お客さん、果たして来てくださるのだろうか」ということが真っ先に頭をよぎった。内輪っぽくなりたくないな、大人のかたが貴重な時間を割いて聴きに来てくださるのであれば。そんなことばかり考えていた。

結果としてどのように映ったかは、神、もとい仏様のみぞ知るというところなのだけど、アンケートを見る限りでは、満足してくださったかたも多いようでひとまずほっとしている。ご静聴くださったかた、本当にありがとうございました。登壇していたときの感覚で、とても嬉しかったことがある。それは、わたしたちが「書く」ことや自分達の役割について討議しながら考えているとき、お客さんもそのプロセスを一緒に楽しんでくれているのかな、と思える瞬間が何度かあったことだ。

モニターレビュアーは、應典院寺町倶楽部の企画に参加し、その感想を体験記として綴っている。座談会でわたしたちが話したことは、強引に一言でまとめるならば「レビュアーは普段、どんなことを考えながら『書く』という行為に向き合っているのか」ということだったように思う。

わたしは序盤で「モニターレビュアーアイドル論」を展開した。レビュアー制度全体で見たときに、それぞれのキャラが被らないほうが、豊かで面白いのではないか。わたしはレビュアー制度のスタートから少し遅れて執筆陣に加えていただいたのと、現状のレビュアーは演劇人が多くを占めるという、ちょっとしたアウェイな状況のなかで、必然的に「自分が書かせていただくことの意味」を意識していた。その上で考えたことを、持論としてお話しさせていただいた。

この「モニターレビュアーアイドル論」は、客席からも他のレビュアーのかたからも反応を頂戴し、その後2時間弱を安心して話せるきっかけになった。アイドルは本来「偶像」という意味だが、キャラ立ちということだけではなく、実はこの「偶像性」もレビュアー制度の肝なのではないか、とわたしは感じている。

中盤で、二朗松田さんが「(レビューの対象になる)企画を観にきたお客さんは、ただ『良かったなぁ』って言って帰ってくれて、それで全然良いんだけど、レビュアーはその良さを言語化して紹介する役割」という趣旨の発言をなさっていた。つまり、レビュアーは純粋な「鑑賞者」と「作品」のあいだで、「作品」がより見えやすくなるように、言葉のフィルターを1つ噛ませているということなのだと思う。仏様や神様は目に見えないから、像を彫るなどしてその姿を写し取るわけだが、そうして「目に見えるようにするために」生まれた媒介物が「偶像」ならば、わたしたちの書くレビューはまさにこの「偶像」に近い役割を負っている、と言えるだろう。

「偶像」を作り出す媒介者として、わたしたちが何を考え、どんなことをしているか、思いつく限りのことをお話しさせていただいた2時間だった。詩の学校に参加したとき、言葉を美しく飾ろうとしたか?他のレビュアーのレビューをどれくらい意識しているか?司会の泉寛介さんからそれぞれのレビュアーに投げられた質問は、「書く」ことや、もっと広く「表現する」ことに関心を持つかたに、どこか普遍的に共有される問題意識に届くものになっていたのではないかと思う。あの場においてもなお一種の媒介者として、「媒介者であること」それ自体の醍醐味を伝えることができていたのであれば、それほど光栄なこともないと思っている。

 

〇レビュアープロフィール
汐月陽子(しおつきようこ)

1984年東京都生まれ。立教大学法学部卒。学生時代から大阪の貧困地域のフィールドワークなどに関わり、現在は北区在住。出版系デザイン会社の企画営業、地域系アートプロジェクトのディレクター見習いなどを経て、【当事者性を持った個人の表現の現場を支えること、その表現を広く社会に接続すること】に関心を持ち活動を展開しています。應典院寺町倶楽部会員。コモンズフェスタ2018「(circle)」ディレクター、「Little Voice, Little Pressー潜り、顕すー」企画・編集。

 

人物(五十音順)

汐月陽子
(應典院寺町倶楽部会員)