イメージ画像

2018/9/3 汐月陽子:寄稿「おてら終活カフェ〜見えるものと、見えないものの遺し方~」に参加して

去る9月3日、『第3回おてら終活カフェ』を開催いたしました。ゲストに、一般社団法人つむぐ 代表理事、相続手続きカウンセラーの長井俊行様をゲストに招き、「見えるものと、見えないものの遺し方」をテーマにお話しいただいたのち、應典院職員の繁澤からの質問、さらに主幹からのコメントを交えました。その後の会場からの質疑応答では活発な意見が飛び交いました。今回は初の夜の時間帯の開催。ノンアルコールビールも出され、会場のみなさま同士の意見交換の時間では、大いに盛り上がり、それぞれのお話を楽しく話されておりました。前回に引き続き、應典院寺町倶楽部会員の汐月陽子さんにご寄稿いただきました。


今回で3回目となる「おてら終活カフェ」は、再び会場を2階ロビー「気づきの広場」とし、さらに夜の時間の開催ということで、どことなく開放的なムードがあった。お茶と並行して供されたノンアルコールビールの缶を開ける音が、ときおり会場に小気味よく響く。

 

 

ゲストとして登壇したのは、一般社団法人つむぐ 代表理事・相続手続きカウンセラーの長井俊行さん。長井さんは、長身で闊達な話しぶりの人物で、一見すると切れ者の営業マンのようにも見えるが、これまでの15年間で3,000件ほどの相続手続きをサポートしてきた相続支援のプロフェッショナルだ。細かいものまで挙げると108項目、煩悩の数だけあるという相続の手続きは、登記や税務などの詳細な知識が必要なものもあれば、進めかたによっては親族関係にヒビが入ってしまう可能性も持っている。非常に実際的、かつデリケートな分野なのだ。

 

 

一般社団法人つむぐでは、銀行預金の解約、年金申請公共料金の名義変更などの詳細な手続きも含め、依頼者の経済的な不利益と心理的ストレスを軽減するためのトータルサポートを提供している。序盤のプレゼンテーションでは、65歳以上の高齢者3,000万人のうち600万人が単身世帯であること、2016年には4万5千人超の人が孤独死を迎えており、うち7割が65歳以上であることなどに触れられる。実務的な話題になるので、どうしても数字の話が多くなる。

ところが「どういう経緯で今の仕事をするようになったのですか?」という質問に、「僕、実はすごいちゃらんぽらんな人生で」とはにかむ長井さん。流れるように話していた矢先のチャーミングな反応は、多くの人生の総決算に触れてきた人の、底知れない厚みを感じさせた。いわく、26歳まで「税理士になる」と言いながらほとんど遊ぶように暮らしていたところ、交際していた女性の妊娠が発覚した。そのことを契機に、「なんとか仕事をしないといけない」と駆け込んだ先の税理士事務所で、資格がなくても相続のサポートをする仕事があるからまずはやってみろ、となったのがきっかけだったのだそう。

「おじいちゃんの手を引いて一緒に役所の前まで行って、戸籍謄本これ代わりに書いておくからこれで請求しような、なんてやっているうちに、感謝してもらえることがわかって」「『あんたがおったから相続も揉めずにすんだわ』とか『これからも家のこと頼むな』とか言ってもらえるようになったら、もう病みつきになって」

 

そして、それが15年間続いて今に至るのだという。

 

 

こうしてエピソードを聞くと、まるでドラマのようにも感じてしまうが、実際には相続にともなうさまざまな困難を経験しても来られたのだろう。あっさり死にたい、財産もいらない、と言っていた人が、徐々に生やお金に執着するようになるお話は、わたしも過去に親族を見ていて覚えがあると思った。また、自筆の遺言は金融機関が認めてくれない場合もあり、公正証書遺言にするほうがスムーズだというお話は、多数の手続きを実務として経験して来られたかたならではの言葉だと感じた。

 

数多くのサポート経験を踏まえて、いっそう専門性を高め、生前から準備をしておく大切さを伝えるために、一般社団法人を設立したのだという。一般社団法人つむぐでは、希望者に信託口座を利用してもらえるシステムを構築していて、生前契約内容に基づいて信託口座から支払いされるようにすることもできる。預かったお金が必ず、預けた人やその財産を受け継ぐべき人の手元に行くように、万全の体制を敷いているのだ。

 

今回、とても納得感があったのは、「終活という話題をメディアなどで見聞きすることで、親族同士でその話をするきっかけになる」という指摘だ。かつては、子どもの時分に遠縁の親族のお葬式によく分からないまま参列して手を合わせることも当たり前にあった。参列者同士で「わたしのときはあんなにお花いっぱいはいらん」などと冗談交じりに言い交わすなかから、それぞれのとむらいかた、とむらわれかたのイメージを共有するきっかけが得られたのではないか、と長井さんは言う。終活カフェの場もそのように機能するものだと感じているが、彼が示唆するように、お寺という場を舞台にそうして共有できることは、今以上に多くあるのかもしれない。

 

 

お寺はかつて、「寺子屋」と言ったように教育機関でもあり、地域のコミュニティスペースでもあり、福祉や芸術のための場所でもあった。現代の側から見ると「多機能」「多目的」というようなことになるのかもしれないが、時系列に沿って考えると、専門分化のほうがむしろ後だろう。

「『困ったことがあったらあの人に聞いてみたら全部大丈夫や』と思えるようなお寺の住職が増えるといい」と語る長井さんのお話は、「生きるというのはどういうことか、そのような場所で一緒に考えたい」という印象的な言葉で締めくくられた。

 

人物(五十音順)

秋田光軌
(浄土宗應典院主幹、浄土宗大蓮寺副住職)
汐月陽子
(應典院寺町倶楽部会員)
長井俊行
(一般社団法人つむぐ 代表理事、相続手続カウンセラー)