應典院マンスリーライトシネマ

應典院マンスリーライトシネマ

應典院マンスリーライトシネマとは

應典院寺町倶楽部が浄土宗應典院との協働のもと、2005年より開催してきた「應典院コミュニティシネマシリーズ」に加えて、新しく2019年より開始する映画上映会&トークイベントです。映画文化の市民レベルの発展のため、製作・配給・上映という、映画にまつわる社会システムと、生活文化に根ざした観賞の機会とを接続する場づくりに非営利の立場から取り組んできました「應典院コミュニティシネマシリーズ」に対して、「應典院マンスリーライトシネマ」は、「市民の自発的な文化としての映画(ライトシネマ)の製作及び上映文化の醸成」、その中でも特に「気軽に」「定期的に」ライトシネマに触れられる場として開催してまいります。

2019年2月の開催
2019年3月の開催
2019年4月の開催
2019年5月の開催 ※コミュニティシネマシリーズ開催のためお休み
2019年6月の開催
2019年7月の開催
2019年8月の開催
2019年9月の開催
2019年10月の開催
2019年11月の開催
2019年12月の開催

2019年2月の開催

2月26日(火) open19:00 / start 19:30

vol.1『金哲義監督短編集』

金哲義監督作品[合計約40分]

劇団MAY主宰の劇作家にして映像作家でもある金哲義。世の中にダメな親父と、世の中を斜にかまえた少女。もう交わることのない時間の中で、共通に流れるものが在る…代表作である『光の葬列』のほか、幼馴染の中学生二人の止まっている時間と微かに動く想いを描く『「アリョンの景色」のための練習撮影 』、一人でふらりとカメラを持って、あてもなく出かけて、そこで何を思いつき、何を撮れるのかに挑んだ『Shooting Alone』など、叙情溢れる珠玉の短編集。

 


2019年3月の開催

3月12日(火) open19:00 / start 19:30

vol.2『なかよくなれたらいいな』

栗山陽輔監督作品[48分]

【あらすじ】新たな町に引っ越してきた小原香奈美。恋人の圭介や親友の直子と頻繁に連絡を取り合いながら新生活をスタートさせた。引っ越し作業を終えた香奈美を真賀田静香という人物が訪ねてくる。静香は香奈美から見ると四十代の女性だが、圭介から見ると二十代の女性に見える不思議な存在であった。香奈美の生活を執拗に監視、干渉してくる静香に香奈美は徐々に精神をすり減らしていく。

【出演】 西村朋恵(こまち日和)/遠坂百合子(リリーエアライン)/東千紗都(匿名劇壇)/田中尚樹(劇団そとばこまち)/丹下真寿美/大宮将司/吉次正太郎/福山俊朗/花田綾衣子

 


2019年4月の開催

4月23日(火) open19:00 / start 19:30

vol.3『たいようのドロップキック』

日浦明大監督作品[51分]

【あらすじ】神田大洋(10)はプロレスごっこに夢中な小学生。五年生になっても逆上がりが出来ないことを幼馴染のはるか(17)にからかわれている。失踪していたはるかの父・佐山が突然姿を現し一緒に暮らしてほしいとお願いされるが受け入れられないはるか。一方、大洋も父親の吾郎に逆上がりが出来るようになってほしいとお願いされるが乗り気になれない。それぞれのお願いが上手くいかない中、『おっちゃん』の教えによって大洋達は動き始めるー。

【出演】 松田花/齋藤春/琥道隆也/稲継智己/望月美幸/榎本秀太朗/花香まち/あかりれい子/他

ご予約・詳細

 


2019年5月の開催

※2019年5月はコミュニティシネマ・シリーズ開催のためお休みします。


2019年6月の開催

應典院マンスリーライトシネマ

6月25日(火) open19:00 / start 19:30

vol.4『あんぱん盆栽ドッチボール』

奈須崇監督作品[60分]

【あらすじ】存在したものが、ある日、忽然と姿を消す。刑事は犯人を見張り、母親達は罪を償おう試みる。大人達は難事件の謎に迫り、教師は正しい道を説く。ミステリーなのか、コメディなのか。真剣であるがゆえに人は愛おしく、面白い。

【概要】特定非営利活動法人 門真フィルムコミッションが主催する「8回の受講で映画をつくるワークショップオーディション」第1期受講生によるオムニバス映画。

【出演】 湖木信之介/谷口勝彦/松田尚子/豊田悠子/楠田たすく/ハチロー/佐々木ひとみ/舛本昌幸/川口新五/光國裕大/神谷友貴/登り山泰至/ポンちくりん/森野くるみ/北井さやか/北野美衣/今井宏樹/松元水希/楠部知子/小山ゆか/門谷正理/當山美佳/北野蒼依/宮地陽向

ご予約・詳細

 


2019年7月の開催

その日、恋は落ちてきた

7月9日(火) open19:00 / start 19:30

vol.5『その日、恋は落ちてきた【新編集版】』

武信貴行監督作品[約65分]

【あらすじ】

恋というものに縁なく生きてきた卯月(うづき)、30歳。

突然、落ちた初恋の相手はもう絶対に会えない相手!? それでも遅れてきた初恋は止まれない。恋ってなんだ!? 人を想うってなんだ!?

報われたい――、報われなくてもいい――、
この想いは誰の為?

究極のプラトニックが卯月を導く先の景色とは!? 行先不明の疾走感!
初めて訪れた心の動きに翻弄されながらも自らの手で自らの世界を明らかにして行く一人の女性を描くサイコサスペンス・ラブコメディ!

【出演】 丹下真寿美(T-works)/谷屋俊輔(ステージタイガー)/河上由佳(満月動物園)/三原悠里(Cheeky★Queens)/秋田光軌(浄土宗應典院主幹・浄土宗大蓮寺副住職)/坂本隆太朗/片岡百萬両(片岡自動車工業)/戎屋海老/宮川サキ(sunday)

ご予約・詳細

 


2019年8月の開催

オープン座セサミ

8月27日(火) open19:00 / start 19:30

vol.6『オープン座セサミ・作品集』

西村有理監督作品[約60分]

【概要大阪で人形アニメーション(パペットアニメーション)制作や人形劇を長年創り続けている団体『オープン座セサミ』の作品集です。『オープン座セサミ』のオリジナルアニメは子供・女性を中心にファミリー向けの映像、 手触り感やワクワク感を大切にし、また上質の映像・音楽・ストーリーで 子供達の冒険心をくすぐる作品を製作し続けています。今回はそんな作品の中から『コマイヌあ・うん』より2話・『ヨンタとなぞの船乗り』『おおみそか』『とらねことら』『海の男ライミ ―シャチの入り江―』を上映します。

【上映作品】

『コマイヌあ・うん』より2話(05:13)

きょうは、何して遊ぼうか? 2匹のいくところ、いつも騒ぎがおこります。神社の境内に暮らす虫たちは、大迷惑! なつかしい遊びと、夕焼け風景の「あ・うんワールド」。さあ、あなたものぞいてみませんか?

第2話「アリンコどっきり団」

アリンコたちは、鳥居の上でせっせと荷運び。危ない!何かが飛んできた! あ・うんの石投げ遊びに、大混乱。

第5話「ムカデいやはや爺」

お社の鈴には、ムカデの爺さんがすんでいる。あ・うんは、鈴を蹴ったり、はたいたり。いやはやまったく、目がまわる!

『ヨンタとなぞの船乗り』(15:38)

ここは、明治時代の神戸港。火事で焼けだされた少年ヨンタは、異人で船乗りのエド・クラバンとの出会いで、少しずつ海へのあこがれがめばえはじめるのでした。

『おおみそか』(21:34)

おおみそかに、十二支の動物たちが、正月のしたくをしている。人々のねがいごとをかなえるため、集まったはずだが、事件が次々に。

『とらねことら』(07:46)

海辺の村で、旅人はのんきにネコの写真を撮っていた。突然、空が変色し、ネコは巨大に変身し、村のすべてを破壊していく。逃げ惑う人々を見下ろしながら、崖上の旅人には、むずむずとシャッターをきりたい欲がこみあげる。

『海の男ライミ ―シャチの入り江―』(09:47)

いたずらシャチは、きょうも漁師のライミをからかって、網をやぶり魚を逃がしてしまう。ところがある日、シャチは、浜に打ち上げられてしまった。弱っていくシャチ。さて、ライミはどうする?

【オープン座セサミ】加地里枝子/上田和浩/高橋ゆみ/立花剛/松本伸司/トシタニクミ(音楽)/西村有理(監督)

ご予約・詳細


2019年9月の開催

9月24日(火) open19:00 / start 19:30

vol.7


2019年10月の開催

10月8日(火) open19:00 / start 19:30

vol.8


2019年11月の開催

11月26日(火) open19:00 / start 19:30

vol.9


2019年12月の開催

12月10日(火) open19:00 / start 19:30

vol.10

 


 料 金

  • 一般:1,000円
  • 学生:500円
  • 應典院寺町倶楽部会員:500円
  • 應典院寺町倶楽部会員(学生会員): 無料

 会 場

浄土宗應典院 本堂

 ご予約

カルテット・オンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/omlc

 お問い合わせ

應典院寺町倶楽部コミュニティシネマ・ワーキングチーム
community.cinema2005@gmail.com

 

應典院コミュニティシネマ・シリーズ

應典院コミュニティシネマ・シリーズは、2005年より劇場型寺院・應典院を拠点に、多彩な芸術文化活動を推進するNPO「應典院寺町倶楽部」が主催するオフシアターでの上映活動です。

應典院寺町倶楽部が多彩な芸術文化活動を推進するアートNPOとして、コミュニティシネマ協議会のコミュニティシネマ憲章に賛同し、官民が一体となった新しい上映活動に取り組んでいます。

この「コミュニティシネマ」活動を実施することによって「公共上映」を推進し、地域における豊かな映画環境の実現も目指しています。そのため、2005年よりコミュニティシネマシリーズと題し、新作映画のプレミア試写会やデジタルシネマの上映会などを行ってきています。

コミュニティシネマ・シリーズに関する記事はコチラ