イメージ画像

2018/3/5 《Temple School 第5弾》『退歩のススメ』(晶文社)刊行記念 藤田一照さん×光岡英稔さん対話「禅と武術を通じていのちを知る」&禅・武術体験ワークショップ

【浄土宗應典院協力事業】

《Temple School 第5弾》『退歩のススメ』(晶文社)刊行記念
藤田一照さん×光岡英稔さん対話「禅と武術を通じていのちを知る」&禅・武術体験ワークショップ

日時:2018年3月5日(月)18:30〜21:30(開場 18:00〜)

多くの方が真に「いのち」を生きていくためのヒントとなれば、という願いを込めて、2017年の春にスタートした実践的な学びの場、Temple School。5回目となる今回は、禅僧の藤田一照さんと、武術家の光岡英稔さんのお二人を講師にお招きして、大阪市天王寺区の浄土宗寺院・應典院さんを舞台に開催いたします。
藤田先生が修めていらっしゃる禅と、光岡先生が修めていらっしゃる武術。ふたつの違ったアプローチが交差するところに、どのような「いのち」の風景が見えてくるのでしょうか。
講師同士の対話と、禅と武術の体験ワークショップとで立体的に「いのち」のはたらきを学び、感じたあとは、参加者同士の座談会の時間を取り、さらに立体的に理解を深めていただきます。今回のTemple Schoolは、講師お二人の対談本『退歩のススメ』(晶文社)の刊行記念イベントも兼ねています。ここでしか聞けない制作ウラ話も満載の予感……!? 乞うご期待です! なお、イベント終了後にはサイン会の時間も設けています。どうかお見逃しなく。

【参考】
藤田一照さんとの対話/かたちなきいのちに「触れられた」瞬間
http://temple-web.net/column/407/
光岡英稔さんとの対話/武術を通じて「いのち」を知る
http://temple-web.net/column/417/

(Temple主宰・小出遥子)

===========================================

【タイムスケジュール】
18:00 開場
18:30 オープニングトーク
18:35 藤田一照さん×光岡英稔さん対話「禅と武術を通じていのちを知る」
19:30 禅・武術体験ワークショップ
20:40 休憩
20:50 参加者同士の対話(3〜4人ごとのグループで)
21:25 クロージングトーク
21:30 終了
(その後ロビーにて21:50頃までサイン会)

【出演者プロフィール】
■藤田一照(ふじた・いっしょう)
1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の参究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター所長。近著に『生きる稽古 死ぬ稽古』(伊東昌美氏との共著/日貿出版社)など。
■光岡英稔(みつおか・ひでとし)
1972年岡山県生まれ。日本韓氏意拳学会会長および国際武学研究会代表。多くの武術・武道を学び、11年間ハワイで武術指導を行う。著書に『武学研究』(甲野善紀氏との共著/冬弓舎)、『荒天の武学』(内田樹氏との共著/集英社)、『生存教室 ディストピアを生き抜くために』(内田樹氏との共著/集英社)、監修本に『増補新版 FLOW:韓氏意拳の哲学』(尹雄大著/昌文社)、『韓氏意拳〜拳の学としての意味』(スキージャーナル)など。

《ご参加にあたってのお願い》
●座談会は議論の場ではありません。ご自身のお考えを押しつけることなく、違った意見もやわらかい心で受けいれましょう。
●全員が心地よくダイアローグの時間を過ごせるよう、各グループごとに、お気遣いと工夫をお願いいたします。(例:ひとりの方だけが話し過ぎることのないようにする、など)
上記のルールをお守りいただくことが難しい方は、ご参加をご遠慮ください。もし、このルールに反するような振る舞いが見られた場合は、その場でご退場いただくこともございます。安心・安全な場作りのため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

場所:浄土宗應典院本堂ホール(http://www.outenin.com/
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27
地下鉄堺筋線「日本橋駅」/近鉄線「日本橋駅」8番出口より東へ徒歩7分
地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」3番出口より西へ徒歩8分

定員:80名(先着順)
参加費:3500円(事前入金制。フォーム入力後、振込先をご連絡いたします。)
お申し込み:こちら↓のフォームよりお願いいたします。
http://u0u1.net/HIcF
お問い合わせ:temple00001.info@gmail.com(@を半角に変えてください。)
※應典院への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

主催:Temple運営事務局(主宰・小出遥子)
協力:浄土宗應典院

人物(五十音順)

小出遥子
(文筆家・Temple主宰)