イメージ画像

2018/8/31-9/2 Forum Enters The Theater #1 「供犠」

<應典院寺町倶楽部主催事業>

Forum Enters The Theater 【演じるフォーラム⇒演劇はフォーラムを舞台に上げる】

演劇上演作品を各分野の“知恵”でひも解く。演劇作品は演劇作品として楽しみ、作品の世界と地平のつながったところから各分野の“知恵”と出会うプロジェクト。

仏教の説法、キリスト教の懺悔、臨床心理士のカウンセリング、いのちの電話の相談員など、個人情報保護的に実際に見ることは叶わないパーソナルな空間をエチュードで垣間見る。空理空論や理想論だけではない“現場”の空気を体感し、劇世界と混交した空間を体験する。

【舞台】に上がった“知恵”は何を語り始めるのか。 演劇で“知恵”を挑発する。

試演となった#0『ヤミウルワシ』を経て、初回となる今回の#1では「羊とドラコ」主宰/應典院寺町倶楽部会員である竜崎だいちによる『供犠』で“知恵”を招き入れる。

開催日

2018年 8/31(金)~9/2(日)

会場

浄土宗應典院 本堂

脚本・脚本

竜崎だいち(羊とドラコ)

出演

細野江美(Shiny chouchou)
桐山篤
河上由佳(満月動物園)
岡村圭輔(劇団壱劇屋)

招き入れる“知恵”

FETT#1『供犠』に招き入れる“知恵”は、近日公開予定!

プログラム

Forum Enters The Theater #1 『供犠』は、 【演劇上演】 【エチュード】 【トーク】の3部構成で上演します。

*演出家・脚本家と俳優がつくりあげる劇世界・演劇作品(chapter 1)で生まれる登場人物に、脚本から解き放たれた俳優が命を吹き込んで、リアルな“知恵”に会いに行く(chapter 2)。その時間と空間から得る共有の体験と、それぞれが感じ取る固有の体験を“知恵”で水平につないでいくフォーラム。なにが固有の体験で、なにが共有できる体験なのか。“知恵”に学び、“知恵”も学ばされる。

chapter 1 : Performing Theater

『供犠』を上演します。

chapter 2 : Theater x Wisdom Etude

『供犠』の登場人物が“知恵”に会いに行くエチュードを上演します。

* Etude【エチュード】:場所や場面、人物の性格などだけを設定した即興劇。

chapter 3 : Forum with Wisdom

“知恵”と出演者・演出・スタッフとが『供犠』の物語を振り返るトークを行います。