大河内大博

浄土宗願生寺住職・臨床仏教研究所特任研究員

1979年、大阪市生まれ。浄土宗願生寺住職、臨床仏教研究所特任研究員。
現在、在宅医療、死別体験者の分かち合いの会などで活動する一方、臨床宗教研究所、大正大学大学院、高野山大学、上智大学等でスピリチュアルケア師、臨床仏教師、臨床宗教師の要請に当たる。第1回浄土宗平和賞、第37回正力松太郎奨励賞受賞。
著作に『今、この身で生きる』(ワニブックス、2014年)、『グリーフケア入門――悲嘆のさなかにある人を支える』(共著、勁草書房、2012年)がある。

この人物が関係する記事